納骨の特徴

故人の遺骨を納める納骨の儀式ですが、納骨をする時期についてしっかりと把握しなければいけません。通常、納骨はお墓が完成しているかどうかで大きく異なります。
お墓が既に完成している時に納骨を行う場合は、四十九日に合わせて納骨を行なうことが一般的です。
しかしながら、まだお墓が完成しておらず、四十九日までに納骨することが出来ない場合は、開眼供養の時期に合わせて納骨することが一般的になっています。
納骨を行なう時期を間違えないようにしっかりと理解することが大切です。

納骨を行なう時に必要とされているものをしっかりと把握しながら準備しなければいけません。納骨時には基本的にくだものや和菓子、お花屋お酒などを準備しなければいけません。
納骨をするときは、参列者の食事を用意することが重要とされており、人数が多い時はテントやテーブル、椅子などを準備しなければいけません。
も納骨を行う場合、埋葬許可証を事前に準備する必要があります。埋葬許可証は、葬儀の際に行なう火葬時に提出する火葬許可証に火葬証明の印鑑と日付を記入してもらうことによって埋葬許可証として使用することができます。
納骨時に埋葬許可証が無ければお墓の中に遺骨を納めることが出来なくなってしまいますので注意が必要です。
遺骨を納める時は、準備しなければいけないものがたくさんありますので、必ず事前に準備することができているか確認しなければいけません。